QRmaster-H/Champデジタル式歯科用パノラマX線診断装置 (アーム型X線CT診断装置)

ハイスペックをお手頃価格で! Qrmaster-H/Champ

CTもパノラマも、これ1台で撮影できるハイブリッドタイプ。

QRmaster-H/Champは1台でパノラマ撮影からCT撮影までできるハイブリッドタイプCTです。
CT撮影ではフルアーチを撮影できる広範囲のFOVや、正確な位置づけを可能にする2種類のスカウト撮影機能を、
パノラマ撮影では3Dオートフォーカス機能を備えた高性能な1台です。

  • CTもパノラマも、これ1台で撮影できるハイブリッドタイプ。

  • CTもパノラマも、これ1台で撮影できるハイブリッドタイプ。

特長

FOV95mmの広い撮影範囲。

FOV95mmの広い撮影範囲。

FOVの直径が95mm、高さが90mmの「アーチCT」を選択すればフルアーチをカバーすることができます。
もちろん、歯牙数本にしぼって撮影する「デンタルCT」も選択することができます。

ボクセルサイズ75で高精細撮影を実現。

高精細撮影。

ボクセルサイズ75μmの高精細な撮影を実現したデンタルCTモードでは、口腔内の微細な状態をしっかり把握することが出来ます。根管の形態、長さ、本数や破折、病変の大きさなどの情報が必要な歯内療法で特に有効です。

  • サジカルセクション コロナルセクション アキシャルセクション

デンタルCT

    • デンタルCT アーチCT
  • 精度の高い位置付けが可能。

    正面、側面の2方向からスカウト撮影を行い、その画像上でFOV位置を設定する2方向スカウト撮影とFOVの小さい「デンタルCT」モードで「パノラマスカウト撮影」を利用することができます。 3Dオートフォーカス技術によりパノラマスカウト画像上で撮影部位を指定することで、FOVを自動調整。精度の高い位置付けを実現しました。

    • パノラマスカウト撮影

    • 2方向スカウト撮影

    パノラマも多機能で使いやすい。

    トモシンセシス法と独自の画像処理技術により、自動で全歯列にフォーカスの合った精度の高いパノラマ画像を得ることができます。パノラマ画像を立体的に確認できるパノラマ3D表示や、パノラマ画像からデンタル画像への切り出しも可能です。

    • パノラマ3D表示

      パノラマ3D表示

    • 14枚法によるデンタルの切り出し画像

      14枚法によるデンタルの切り出し画像

    3種類の保険請求に対応

    • 歯科CT撮影
    • パノラマ断層 撮影
    • デンタルX線 撮影

    ※1回の撮影において複数の診療区分を併せて算定できません。

    • 販売名:QRマスターハイパーパノラマ 医療機器認証番号:225AGBZX00079000 管理医療機器・特定保守管理医療機器
    • 製造販売元 タカラテレシステムズ株式会社 大阪市中央区日本橋1-17-17 ピカソ日本一ビル8階